勉強にスケジュールは必要?勉強の習慣化で成績アップを狙おう


中部地方の教育・受験情報なら中部教育ラボ

勉強にスケジュールは必要?勉強の習慣化で成績アップを狙おう

モチベーションアップ

   このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分 です。

勉強スケジュールをして勉強の習慣化と成績アップを狙おう

勉強をしなければいけないけれど、もっと部活に専念したい、もっと友達と遊びたい、テレビを見たい、ゲームをしたい。
学生ではこういった悩みを持つ方も多いかと思います。
勉強をしなくてはならないと思いつつも、勉強がついつい後回しになり何も手を付けないまま1日が終わったという事を多くの方が経験をしているのではないでしょうか。
また月間や年間の勉強スケジュールを立てたことはあるけれど、すぐにうまくいかなくなったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし1日のスケジュールを把握し短時間でも勉強をする習慣づけがあれば、勉強はもちろん、遊びや部活にも十分時間を確保することができます。
まずは毎日のスケジュールを見直して、学習時間を確保できるように工夫していきましょう。
特別なことをしなくても、考え方や取り組み方の工夫で時間を捻出することが出来ます。
勉強のための時間を長時間とることが出来ない場合も、ちょっとした時間を使って勉強を毎日の習慣として行うことで成績の向上を見込めます。
勉強で成績を上げつつ部活や遊びなどやりたいことをやるために、お子さんとご家族がどのように取り組んでいけばよいのかポイントをチェックしてみましょう。
まずは普段の生活の中から少しずつでも勉強をするところからはじめるのがオススメです。

勉強に使える時間を把握する

まずは勉強に使える時間・使えない時間を把握しましょう。
平日であれば、学校がありますので学校に行くまで学校から帰ってきてからが主に勉強に使える時間になります。
家にいる時もご飯の時間、寝ている時間、お風呂に入っている時間などは勉強できません。
ですがこの時間以外は勉強に使えると思えば、思ったよりもたくさん時間があると思いませんか?
例えば家に帰ってきてから晩ごはんを食べるまでの間や、晩ごはんを食べてからお風呂に入るまでの間、お風呂などが終わり寝るまでの間など。
もちろん上記の時間を全て勉強使えるわけではありません。
友達とコミュニケーションをとったり、遊んだり、テレビを見たい時間も必要でしょう。
時間があるからといきなりスケジュールを立てると、計画倒れ、目標倒れするので、まずは●●時~●●時の間は「勉強をする時間がある。」と気づくことから始めましょう。

小学生であれば毎日少しずつ短時間を基本に

小学生の場合、まだまだ長時間の学習に向き合うだけの集中力などが備わっていないことも多いものです。
まずは勉強を習慣づけ+勉強のおもしろさを感じるような学習スケジュールを作ることを優先すべきです。
そこで、長時間の学習時間をとるのではなく、短時間で出来るものを基本として組み立ててみましょう。
はじめは問題集の1ページだけ、5分から10分程度でできるようなものを1日1つはやるという形で、ハードルをできるだけ低くすることで机に向かうということに慣れるようにします。
それがこなせたらカレンダーにシールをはるなどをし、やったことが目に見えるようにすると達成感があるためやる気もアップします。
例えば帰ってきたらすぐに勉強をする、17時から勉強をする、お風呂を沸かしている間に勉強をするなど、毎日勉強をする時間やタイミングをあわせることでより習慣づけが可能になります。
子どもは遊び始めるとなかなかやめられないですから、先に勉強をして後は好きに遊んでねと決めておくほうが子どももやる気が出やすいかもしれません。

中学生になったら勉強時間を徐々に増やす

中学生頃から勉強が本格化してきて、高校受験に挑むという方が多いので、それに向けて中学生になったら勉強時間を少しずつ増やしていくようにしましょう。
中学生になると部活動なども始まるので時間がとりにくくなります。
夜は疲れてしまって何もしないという場合は、仮眠をとってから勉強or朝少し早起きして勉強などをして勉強をするようにしましょう。
また中学校から、中間、期末テストなどの定期テストがはじまります。
テスト前だけ勉強をするようでは、点数が上がらず内申点にも響くので日々の勉強が大切になってきます。
毎日の勉強時間としましては、1時間ほどあれば授業の復習+宿題ができ、日々の授業の学習定着率を高められるのでこれぐらいはできるようにしておきたいものです。

まずは短時間で勉強をすることを習慣づけましょう

人間の集中持続が可能な時間は15分単位です。
そこで15分、30分、45分勉強をすると、必ず5分~10分休むようにしましょう。
座りっぱなしは血行によくなく集中力も切れやすくなるので、休憩時には一度は立ち上がり少し体を動かしましょう。
集中していない段階で勉強をしても、身につかないばかりか、勉強が進んだ気がしなくなりやる気がなくなるということにもなりかねません。
そこで時間がくればアラームを鳴らすようにしましょう。
自分が集中できる時間を把握すれば、後はその勉強時間単位の回数を増やすようにしていきましょう。

目標倒れにならない工夫、目標倒れする人へ

目標倒れにならない工夫、目標倒れする人へ

よくあることが1年間の勉強スケジュールを立てたけれど、3日もしないうちにやめてしまって何もしなくならないという目標倒れです。
目標倒れになる原因としましては、
・目標が高すぎて毎日やる気がおきずにやめる
・勉強の習慣がついていないため、勉強をすることを忘れる
・勉強をサボってしまった結果やる気が再度起きず諦める
などです。
目標は高すぎてもやる気を損ないますし、目標を達成できないことが積み重なるとやる気自体がなくなってしまうため、まずは自分が最低限確実に行える勉強量を見極めることが大切です。
ですので、問題集は1ページ or 勉強は5分~10分 or 机に座って教科書を開くなど、すぐにでもできそうな目標を設定します。
そんな簡単なことだけをしていたら、成績が伸びないと思う方もご安心を。
まずは大切なことは習慣づけです。
目標を低く設定をすると、
・1ページだけ勉強していたけれど、もう1ページ勉強をしよう…
・5分だけ勉強をするつもりが問題を解くのに夢中になり20分勉強していた
・机に座って教科書を開くだけのつもりが、ついつい読んでしまった
ということにもつながります。
ほとんど毎日無理なく勉強ができるよう習慣づけば、徐々に時間を増やしてもかまいません。

復習や暗記は寝る前にもう一度

勉強では復習が大切です。
以前の記事にも記載しましたが、人間は勉強した内容でも1ヶ月経てば79%忘れてしまいます。
そこでできるだけ勉強した内容を忘れないために、その日の内に勉強をした内容をサラッとでも見返します。
そうすることで学習定着率が高まり忘れにくくなります。
英単語や年号など、単純に暗記しなくてはならない物などは時間をかけてもなかなか覚えられないという事もあるでしょう。
そういった際は寝る前や通学時間などスキマ時間に覚えたいことを見るだけという形でスケジュールに組み込んでいくのがおすすめです。
どうしてもやる気がないときは覚えるというより見るだけという形でもよいでしょう。
毎日繰り返していけば、暗記したものが蓄積されていきます。
どうしても時間が取れないという方はこうした形で寝る前の数分を活用してみましょう。

学力の高い学校や難関校に行きたい場合は別の方法も検討する

難関校に行く場合は別の方法も検討する

上記では様々な勉強のスケジュールや勉強方法を紹介しましたが、子どもが1人で行うには少し難しい面もあります。
子どもは自由に時間があれば友達と遊んだり、ゲームをしたり、漫画を読むなど各々好きなことを優先するのが当たり前だからです。
そこで勉強が習慣づくまでは、親がサポートをしてあげましょう。
しかしもし学力の高い学校や難関校へ行きたいと考えている場合などは、親の力だけで解決をしようとするのではなく塾や家庭教師も検討するようにしましょう。
難関校などの高い目標を達成させるためには、年間を通してより綿密なスケジュール作り+難関校へ合格するノウハウなどが必要になるからです。
また塾、家庭教師などを利用することにより、周りの先生や生徒から勉強をする楽しさや勉強をする意義、刺激をもらえるメリットがあります。

勉強は机に向かって長時間行わなければならないと思う方も多いですが、初日からいきなり勉強を長時間行うことは無理があります。
長時間の勉強を目標としていると忙しい時や疲れている時などは勉強をすること自体が難しく、1日勉強を諦めてしまった結果ずるずると数日間まったく勉強をしないという事にもなりかねません。
そうして何度か習慣的に勉強をすることを諦めると、自分は習慣的に勉強をすることができない・苦手という思い込みを持ってしまいます。
そうならないように1日の生活の一部として短時間の勉強をし、まずは毎日勉強ができる習慣づけが大切です。
一回の勉強量や勉強時間はちょっとしたものであっても、毎日続けていくことで学力が積み重なりますし、毎日取り組む習慣にすることによって勉強への嫌悪感などもわきません。
机に向かえない時であっても、例えば寝る前に暗記したい内容を眺めてみたりという事もできます。
電車での移動の際などもちょっと見ることが出来る学習教材などを持っておくと、移動時間も学習に当てることが出来ます。
こうしたちょっとした空き時間なら利用することでの負担も少なく学習しやすくなりますから、ぜひ利用してみましょう。
   このエントリーをはてなブックマークに追加