学校に行く理由と意味ってなに?それは自分のため、自分の将来のため


中部地方の教育・受験情報なら中部教育ラボ

学校に行く理由と意味ってなに?それは自分のため、自分の将来のため

   このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分 です。

学校に行く理由と意味ってなに?それは自分のため、自分の将来のため

先日不登校Youtuber ゆたぼんさんの発言が大きく話題になりました。
「学校へ行かなくてもいい。」という発言でした。
大人でも子どもの頃には学校で勉強したことは大人になって役立つのか、そもそもどうして学校に行かなければいけないのかということを考えたことがある人も多いのではないでしょうか?
学校に行かなくても立派な事をした人はいるし、今はパソコンやスマートフォンでわからないことがあればなんでも調べたり計算ができますから、わざわざ学校で勉強する意味なんてないのでは?という意見もあります。

そういう疑問に対して、子供は黙って学校に行くもの、大人になればわかると言ってもなかなか納得はできないでしょう。
そこで今回は学校へ行く理由や意味を考えたいと思います。

学校に行けないことが問題の後進国

学校に行けないことが問題の後進国

日本では前述したゆたぼんさんのように学校に行かないという選択肢もできますが、学校に行けないことが、問題とされているのは開発途上国の後進国です。
なぜ学校に行けないのが問題というと、学校に行かずに教育を受けられないとできる仕事が限られておりその状態だと低い給料のままで貧困状態から抜け出せないからです。
貧困というのは想像がしにくいかもしれませんが、食べたいものが食べられず、栄養が足りなくてしんどい、住む場所は選べない、行きたいところには行けない、あらゆる人間の欲求を満たせずやりたいことができない状態です。

しかし後進国で「教育を受けることによってどう変わるか」といえば仕事を選べるようになります。
仕事が変われば給料が上がり、食べたいものを十分に食べられ、買いたいものを買えるようになるのです。
そして子供には教育をあたえることができるようになり、その子供も仕事を選べるようになり富を生むようになります。
後進国では教育によって、まるで違う生活を送ることができるようになるのです。

日本は先進国、学校に行かなければならない理由は何か

日本は先進国、学校に行かなければならない理由は何か

「学校に行かなければならない理由は何か」との質問に、大人は小学校や中学校であれば義務教育だからと答えることがあります。
それはよくある誤解で、義務教育は子どもが学校に行く義務があるという意味ではありません。
保護者が子供を学校に通わせて教育を受けさせる義務があるという意味です。
親であっても、子どもが学ぶ機会を奪うことは絶対にあってはなりません。
義務教育において子どもは、教育を受ける権利を持つとされています。
ですから、子供は学校に行かなかったとしても、罰則を受けることはありません。

ならば学校に行かなければならない理由は何かというと、自分の将来のためです。
前述した後進国では教育を受けることができないため貧しいままと説明をしましたが、先進国では教育を受けていることが前提で社会が作られています。

例えば仕事を探す際の求人情報を見ると、高校卒業以上、大卒以上など条件が書かれています。
会社によっての条件を満たさなければ、当然働くことは難しいでしょう。
学歴によって選べる仕事に差が出るのです。
中学卒業よりも高校卒業、高校卒業よりも大学卒業の方が選べる仕事の種類は多いのが現状です。
他にも資格というものがあり、学校の先生になる場合には、大学や短期大学に行って単位を修得し卒業して教員免許をとる必要があります。

やりたい仕事が明確であればその仕事のことを調べその条件を満たすように勉強と進学をすればよいのですが、将来自分がやりたい仕事を考えた際やはり多くの仕事の中から選べた方がいいと思いませんか?
まだ子供のうちではたくさんのものごとを知らず、どれだけたくさんの仕事があるのかもわかりません。
将来どんな仕事につきたくなるかもわかりませんし、どんな仕事が自分に合っているかもわかりません。
だから将来自分で仕事を選べるように、まず学校だけは行っておきなさいという一言にまとめられるのです。

学校に行くことで得られる知識とは

また学校で勉強をして知識をつけることは、社会に出るために必要不可欠です。
文字を読み本から学ぶためや人とコミュニケーションをとるためには国語の基礎が必要ですし、生きていくためのお金の計算をするための算数も必要です。
他にもある程度の基礎的な知識がベースになければ、発展した学習を行うことができません。
AIシステムを作りたいと思った場合は、プログラミング能力(英語も多少必要)、数学(微分積分学、確率論、統計学)を理解していなければなりません。

また学校の勉強は基礎的な学力をつけるために大切なものです。
学校に行けば一日4時間~6時間勉強をするのですが、学校に行かなければこの時間を自分で勉強するなり誰かに教えてもらわなければなりません。
小学校から中学校の期間で9年間あり、行くのと行かないのでは学力にはものすごく差が生まれることになります。
まだ小さい子供のうちから、自分で勉強をしていくには大変です。
また費用面で考えてもそうですが公立の小学校中学校は義務教育のため費用が安く抑えられますが、学校に行かないとなれば学校に代わる時間誰かに教えてもらうとなると費用がたくさんかかります。

社会性・社交性を身につけるため

社会で生きていく社会性・社交性を身につけるため

学校は勉強だけをするところではありません。
人と接するための社交性や社会性を身につける場所でもあります。
学校では同級生や担任の先生、そして上級生や下級生など、大勢の人と交流を持ちます。
色んな人と接して、協力しあうことを学びます。
そしてルールも学びます。
決められた時間に行動をし、約束を守り、迷惑をかけることはお互いにやめましょうというように。
学校に行かなければ、絶対にこれらの社交性や社会性が身につかないというわけではありませんが、何か学校に変わって身につく場所を見つけなければなりません。

なぜ社交性や社会性が必要かといいますと、会社などの組織では学校の教育と同様にこれらの社交性や社会性も求められるからです。
お願いをした仕事をキチンとしてくれるか、約束をちゃんと守ってくれるか、周りの人のことを考えて行動ができるか、周りの人と協力をして円滑に業務をおこなえるかなどです。
学校はそういった社交性・社会性を身につける場所でもあります。
社会というのは多くの人が協力をしあって成り立っているので、これらの社交性・社会性は必要不可欠なのです。

子どもにとって小学校や中学校で勉強することは義務ではなく権利です。
ならば学校に行く理由は何かというと、学校に行かないと得られないものを得ることです。
それは基本的な学力、社会性・社交性になります。
学校に行かない場合でも、学校の代わりに勉強を教えてもらえる場所や社会性・社交性を育てられる場所に行かなければなりません。
様々な学校に行く理由を説明してきましたが、もちろん学校に行けない理由がある方もいるでしょう。
そのためにフリースクールなどもありますので、学校の代わりに行くかたもいます。

そして何故学校に行って学力や社会性、社交性をつけるのかと言えば、子供が大人になった際に自分で働き自分の生活を支えなければならないためです。
ただどの仕事をするにあたっても、できれば自分のしたい仕事をして、自分の買いたいものを買って、行きたいところに行くほうが自分にとって嬉しいことでしょう。
学校に行くのも、勉強をするのもすべては自分のためということなのです。

   このエントリーをはてなブックマークに追加
Produced 名進研