「宿題をやらない子供」から「宿題をやる子供」にするために


中部地方の教育・受験情報なら中部教育ラボ

「宿題をやらない子供」から「宿題をやる子供」にするために

シリーズ私立中学講座

   このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分 です。

「宿題をやらない子供」から「宿題をする子供」にするために

「ゲームばかりせず宿題をやりなさい!」
家で宿題をせずにダラダラとゲームをしている子供に対してイライラする母親…
このようなやり取りは昔からあります。

しかしこのように宿題を子供にやらせるのは親にとっても大きなストレスとなることがあります。
親がストレスに感じていると子供も敏感に察知して、余計にやる気が起きなくなるという負のスパイラルに陥りがちです。
学校の宿題がある度に毎回怒ったり注意をして宿題をやらせていては親子共にストレスになってしまいます。
また子供からしても宿題をやろうと思っていたタイミングで怒られると、余計やる気がしなくなり勉強自体が嫌いになることも考えられますのであまりしつこく注意をするのも考え物です。

子供は親が思っているよりよほど敏感ですし、親のピリピリとした雰囲気やイライラした感情を感じ取りますので、無理に勉強させるのではなく自然に子供が宿題をやりたくなるような環境づくり+勉強の習慣化が重要です。

宿題を自主的に子供がやるようにするためにはかなりの労力と時間を要するかもしれませんが、それが子供自身の自主性を育てることにもなりますので、短期間で改善を目指さず長いスパンで習慣づけをしてあげる位の気持ちで臨むのが重要です。

子供はなぜ宿題をやりたがらないか

子供はなぜ宿題をやりたがらないか

大体の子供は宿題を自主的にはやりたがらないと考えて間違いありません。
自分自身が子供の時を思い出しても、「宿題は嫌だな~」と思っていた方が多いでしょう。
大人になれば宿題は学習した内容の定着化や勉強の習慣化のため必要とわかりますが、子供からすれば遊びなどの楽しいことを優先したいものです。

そのためまず勉強や宿題をすることを習慣化し、勉強自体を嫌だと思う気持ちにならないようにすることが大切です。
イメージとしては「宿題やるぞ!」とやる気を持たせるというよりは、宿題をご飯や歯磨きのように習慣化します。
「学校から帰ってきたらおやつを食べて宿題を済ませてしまう。」というように同じ時間やタイミングで癖をつけると習慣化しやすいでしょう。
また子供は小さな時から様々な習慣を身につけて成長していきますが、その見本となるのが親です。
最も長い時間を一緒に過ごしますので、習慣づけを上手にしてあげることで子供も自然と宿題も自主的に行うようになります。

他人と比べず子供のペースを見守る

他人と比べず子供のペースを見守る

子供のやる気をそいでしまうことはできるだけ避けたいですが、多くの親がやってしまいがちなこととして、よその家の子供と比べるという事があります。
例えばママ友の子供が宿題をキチンとしていると話を聞いて、「●●くんは宿題をちゃんとしているのに、なんでアナタは宿題ができないの?」と言うことや、成績を比べるといったことは絶対に避けるべきことです。
よその家の子供と比較して自分の子供をけなしたり、しかりつけるということは、子供のやる気を奪う行為です。
子供によって得意不得意や成長過程も違いますので、まず自分の子供は大丈夫と信じ親がサポートをすることが大切です。

環境づくりは親が出来る最善の方法

子供が宿題をするようになるためには、宿題がやりやすい環境づくりをすることが親として出来る最善の方法と言えます。
子供が宿題を自主的にできない時は、子供の部屋で勉強をさせるより、誰かがいるリビングやダイニングで勉強をさせるほうが子供の勉強をする姿を見て安心ができます。
リビングやダイニングが多少散らかっていてもかまいませんが、子供が宿題をしているときは親もできれば家事をしている、勉強を多少見るなどが望ましいでしょう。
親がゲームをしている、スマートフォンを見てばかりでは、子供も好きなことがしたくなってやる気が起きませんので親もキチッとした姿勢を見せましょう。
子供に勉強をさせるのはどこの家庭でも苦労することの一つですが、快適に勉強をすることができる環境作りや宿題をコツコツと毎日行うことで少しずつ習慣化できるようにしていきましょう。

子供がゲームをしたり、漫画を読みたくなってしまう、遊びたくなることは仕方のない事です。

適度な時間を守って遊ぶことは問題ありません。
ただ遊ぶことばかりで宿題をしないままですと、このままで大丈夫かと不安になります。
そこで学校から帰ったらすぐに宿題を片付ける習慣を身につけていれば、自然と嫌がらずに勉強するようになります。
まずは10分ほどの時間でもかまいませんので、子供の勉強を見守る時間を持つことで子供も安心して学習に取り組むようになります。
他人と比べたくなる時もありますが、子供は一人一人個性やペースがありますので焦らずに毎日コツコツと行うことが重要です。
また子供は気が散りやすい傾向にありますので、はじめの内は時間の管理やリフレッシュなどフォローをしてあげると良いでしょう。
はじめから長時間の勉強ではなく、短時間でもコツコツと勉強し習慣化することが大切です。

   このエントリーをはてなブックマークに追加