子供の運動神経、運動能力をあげるには、スポーツ?公園?


中部地方の教育・受験情報なら中部教育ラボ

子供の運動神経、運動能力をあげるには、スポーツ?公園?

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分 です。

子供の運動神経、運動能力をあげるには、スポーツ?公園?

子供の運動能力がもっとあがってほしいと考えたことはないでしょうか?
また子供が運動オンチや運動が苦手にならないか心配されたことはないでしょうか?
子供が将来どんな道に進むかはわかりませんが、運動神経が良いほうが体育の授業や部活で役立つことは間違いありません。
そこで今回は子供が小さいうちに少しでも運動能力をあげるための方法を紹介いたします。

現代の子供は運動能力が低下している!? ストレス耐性やヤル気にも影響!?

現代の子供は運動能力が低下している!?

ニュースで子供の運動能力が低下しており問題となっていると一度は聞いたことはないでしょうか?
子どもの体力の現状と将来への影響【文部科学省より抜粋】

上記のページでは、子供の体格は大きくなっているにも関わらず運動能力が低下しており、子供の運動能力の低下が深刻であることが指摘されています。
そして運動能力が低下しているばかりでなく、肥満傾向児が2~3倍に増えており高血圧や高脂血症などの生活習慣病へ繋がることも危惧されています。
子供の体力低下に関しては単に運動能力が低いだけという問題ではなく、「心身の健康の基本」となる体力が低下するとストレス耐性や活力の低下に繋がるのです。
子供の運動能力や体力低下は、子供自身の将来にとってマイナスの要因になるのです。
こういった話を聞くと少しでも子供の体力低下を防ぎたくなりますよね。

なぜ子供の体力は低下したか?

またなぜ子供の体力が低下したのでしょうか?

子どもの体力の低下の原因【文部科学省より抜粋】

・室内で遊ぶ時間が増加

家で一日中楽しめるゲームやスマホ、テレビ(DVD)が普及したため室内で遊ぶ時間の増加に伴い外で遊ぶ時間が減りました。

・都市化の影響

また都市化に伴って公園や空き地などの子供の遊ぶところが減少したことも原因です。

・少子化の影響

少子化に伴って兄弟姉妹が減ったり一緒に遊ぶ子供が減少したことが原因とのことです。

・学校の教員や、スポーツの指導員の問題

学校の教員では本人の外遊びの経験不足から、子供に楽しんで運動をさせられなかったり、スポーツの指導員が最初から勝ち負けにこだわった指導を行い子供が運動嫌いになるとのことです。

また以下のような原因もあるのではないでしょうか?

親が子供を屋外で遊ばせることの不安(犯罪、気温など)

犯罪のニュースを見て、子供のみで遊ばせることが減った。
温暖化の影響で夏場の猛暑日などに外に出すことが危険になったことも原因にあげられるでしょう。

・公園で禁止事項が増えた(球技禁止、大声禁止、自転車乗り入れ制限)

公園では昔より禁止事項が増えました。
小さな公園では球技禁止などが看板に書かれていることがあります。
これは近所の方のクレームが原因とされているようです。
これでは大分と公園で遊ぶことが制限されますよね…

このように自宅で遊ぶことが充実したこと、都市化や少子化の影響、外で子供が遊ぶことの不安、公園で決まりが増えたなどが体力の低下につながっているとのことです。

つまり外(公園、広場)で遊ぶ機会を増やせば小学生までは十分運動能力は上がる

つまり外(公園、広場)で遊ぶ機会を増やせば小学生までは十分運動能力は上がる

運動能力を上げるには、サッカーや野球、ダンス、体操などの習い事が浮かびますが、特別にそういったスポーツでなくてもかまいません。
なぜならば幼少期は基本的な動作で十分運動能力が向上するからです。

子供に必要なのは運動の基礎能力とは

・座る、立つ、寝転ぶ、起きる、転がる、歩くなどの基本動作は家でも可能です。
そのほかには、
・渡る、ぶら下がる、乗る、すべる、跳ぶ、走るなどの能力ですが、これは公園や散歩などで十分能力を高めることができます。
渡る→散歩をしている時に少し高い所を渡る。
ぶら下がる→鉄棒にぶら下がる
他にもすべり台、ブランコ、ジャングルジムなどで遊びながら子供の運動能力を高められます。
また習い事では時間が限られるますが、遊びは習い事と違って心ゆくまで子供自身が自然に楽しんで体を動かせることがメリットですね。
また複数の子供と遊ぶことによって、人同士のルールを覚えるなどコミュニケーション能力を高め、子供ならではの●●ごっこをすることで想像力を育むことも可能です。

少し大きくなってきたらボール遊びや縄跳び、自転車などの道具を使うこともおすすめ

ボール遊びは小さな子供が運動するにもうってつけです。
柔らかいボールですと室内でも遊べることも利点です。
ボールを使った動作早くて1歳すぎ~2、3歳ぐらいから可能です。
ボールに関しては、ボールを取る、受ける、投げる、蹴るなど動作の種類が多く、ボールを使う際はボールを見ながら手足を使うため複合して能力を鍛えられます。
しかし子供の中にはボールを怖がってしまう場合が考えられます。
そんな場合には空気のあまり入っていないボールを使用する、緩やかなスピードでボールに慣れてもらうようにしましょう。
子供はボールが当たっても痛くないと分かれば、だんだんと恐怖心もなくなっていきます。

縄跳びもオススメです。
縄跳びは縄を回しながらタイミングよく跳ぶ必要があるため、複数の神経を鍛えながらリズム感もよくなります。

また自転車は移動手段で必要となってくるので早い内に乗れるようにしておきたいですよね。
自転車に乗れるようになるのは、8割近くが小学校に入学するまでもしくは2年生ぐらいまでだそうです。
最近ではキックボードやストライダーを小さい頃からあたえて、スピードに慣らせる何かに乗るバランス能力をつけ数日で自転車に乗れるようになった子供も多いそうです。

子供にはどんなスポーツがおすすめ?

もちろんスポーツも運動能力をあげるために有効です。
スポーツには楽しさがあるので、遊んでいる感覚に近い状態で体を動かすことが出来ます。
しかし、子供には難しいスポーツもあるためまだ小学校に入る前くらいの子供であればなかなか上手くできないというケースも十分に考えられます。
そこで子供でも簡単に出来そうなスポーツをさせることがおすすめです。
小さい子供でも簡単にできるスポーツの1つがサッカーです。
サッカーはルールがシンプルであり、道具もボールがあればよいため気軽に楽しむことが出来ます。
また、特別なテクニックがなくても何となくボールを蹴っているだけでも楽しめます。
また全身の筋肉を鍛えるには水泳もオススメです。

外に行きたがらない子供は、様々なことを体験させましょう

●●

外で遊ぶより家の中で遊ぶ方が楽しいと感じる子供であれば外に行きたがらないことも考えられます。
子供を外で遊ばせたい場合は、まずは気軽に散歩や買い物から始めてもかまいません。
外を歩けばテレビなどの画面と違い、五感で様々なものを感じます。
電車や車、鳥、散歩をする犬、道に咲く花や植物、スーパーでは様々な食材とレジをする人など。
様々なものを見たり感じるなかでもっと色々なものを知りたいと、子供の知的好奇心が刺激されれば外出をすることに興味がさらに湧くでしょう。
また公園で砂遊びばかりしているなどアクティブに遊ばないからと言っても、親が無理に運動をさせないようにしましょう。
子供はその時に興味があることをしたいだけので、砂遊びに飽きて他のことをするタイミングを待ちましょう。
すべては子供自身が楽しいということが前提であり、親が無理やり子供を操作しようとしては子供が外遊びを嫌になってしまうかもしれません。
そして自然な形で少しずつ滑り台やブランコなどをさせていくと、自分から遊具で遊ぶようになります。
はじめはうまくできなくて構いません、公園に行く度には少しずつうまくなっていきます。

いかがだったでしょうか?
子供の運動能力の向上にはまず外遊びが大切ということです。
そして外遊びをするようになるかは、まず子供自身が楽しいと思えるかどうかが大切です。
子供自身が楽しければ自然と外で遊びたいと言ってくるでしょう。
もし子供がなかなか外で遊びたがらない時は、外で遊ぶことの楽しさが伝わっていないのかもしれません。
これはスポーツにおいても同じです。
スポーツは本来楽しいものであり、競い合ったりすることは楽めるようになってから考えればよいのです。
しかし、最近では競い合うことに強いフォーカスを当てられ、楽しむことを忘れているケースが少なくありません。
そしてスポーツには向き不向きや子供の好き嫌いがあることも覚えておきましょう。
親が野球を好きだから子供も好きというわけではありません。
外遊びでもスポーツでも子供自身が楽しいと感じれば後は自主的に行動を起こすので、それにともない自然と運動神経や運動能力を向上させられます。
まずは外遊びやスポーツの楽しさを無理なく伝えていくことが、子供の運動神経向上には必要だと言うことです。

   このエントリーをはてなブックマークに追加