早期教育(幼児期の習い事)は必要なのか?効果があるのか?


中部地方の教育・受験情報なら中部教育ラボ

早期教育(幼児期の習い事)は必要なのか?効果があるのか?

   このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分 です。

早期教育(幼児期の習い事)は必要なのか?効果があるのか?

親ならば子供には「少しでも良い方向に育ってほしい。」と思うのではないでしょうか?
例えばオリンピックの選手とまではいかなくてもスポーツで活躍をする、良い大学に入学してほしいと考えたことはないでしょうか?

テレビや雑誌でも子供に教育をするなら早い内にと「早期教育」が取り上げられることがしばしばあります。
浅田真央さんは3歳からスケートの他に9つの習い事をしていた、将棋の藤井聡太さんは小さい頃からモンテッソーリ教育を受けていた、モーツァルトは幼少期より厳しい英才教育を受けていたなどの話です。
また「天才を育てるなら3歳までに」などと一度は聞かれたことがあるのはないでしょうか?
これは3歳まで脳の80%ができあがると言われているため、それまでに教育をした方が良いという根拠から生まれた言葉です。

ですが、本当に早期教育は必要なのでしょうか?
早期教育の効果は、身近には周りの人で習い事をしていた人とほとんど習い事に行ってなかった人を見比べるくらいでしかあまりわかりません。
今回は早期教育が必要なのか?必要でないのか?を記事として取り上げたいと思います。

早期教育とは何か?

「早期教育」とは子供がまだ小さなうちから教育を施すこと、子供自身の意向ではなく保護者など周囲の大人の方針で早い時期に子供に色々教えることを言います。
早期教育は大きく分けると2つあり、赤ちゃんがまだお腹の中にいる胎児期と0歳・1歳などの乳児期に行われるもの、2歳から小学校入学前までの子供に行われるものがあり、今回は後者の小学校入学前までに行われる早期教育についてです。

幼い頃は知的好奇心が旺盛であり、脳がまだ柔らかい時期に教育を行うことによってたくさんのことを吸収しやすいと言われています。
学ぶ経験を小さなうちから積むことで考える力、学習能力を高めることができ将来への可能性がさらに広がることを期待して行われるのです。

早期教育の種類としては、体操、サッカー、武道、水泳などのスポーツ系、リトミック、ピアノや工作、ダンスなどの芸術系、学習塾や英語教室、ひらがなやモノの名前やひらがなを覚えさせるフラッシュカードなどの学習系があります。
[フラッシュカードはカードに描かれた絵や文字を子供に見せ、子供に何の文字か絵か答えさせるものです。2、3秒ほどの短い間隔でカードをめくっていきます。]
親や周囲の大人の考え方によってどの教育を早めに与えるかは違って来ますが、一般的に人気の早期教育は英語やピアノ、水泳などがあげられるでしょう。

早期教育のメリットとは何がある?

早期教育のメリットはまず、子供の得意分野・能力を早期から伸ばせることです。
幼少時には右脳がよく働いていると言われており、習い事をすることで得意分野を強化するための下地作りが出来ると考えられています。
体操や水泳をさせて身体能力を高める、ピアノを習って音感をよくする、英語で日本人には難しいRとLの発音の使い分けなどその後の人生に大きくかかわる基礎能力を高めることが出来ます。
他にもサッカーなどで基礎を早いうちからやることで、小学校~中学校の時には習い事をしていなかった人よりサッカーの技術を高めることができます。
また早い内に子供が得意なことや興味を持つこと、好きなことを見つけることに役立ちます。
子供が興味を持つことや好きなことは何か、親子で一緒に探すきっかけになるのが早期教育でもあります。

早期教育のデメリットは何がある?

早期教育のデメリットは何がある?

・結果的に成長してみれば習い事によっては差がなくなる場合もありえる
例えば3歳で英語を始めたとしても、途中で辞めた場合や継続をしなくなって中学生になった場合、周囲の子たちとあまり差異がない場合が考えられます。
他にもフラッシュカードなどの教育は、頭で考えずに機械的に答えを導き出す作業を繰り返すことになります。
言葉や数字を単純に多く記憶しただけという教育では、中学生や高校生になるまでに周囲との差がなくなることは多々あります。
自分自身の頭で考え経験を通して培ったものではないため、本当の考える力とは異なる場合があります。
記憶力が優れていることが、そのまま「考える力が伸びた」というわけではないということを理解しておく必要があります。

・子供が嫌がっていることを親が強要させてばかりだと子供が嫌になり、興味を持つ力やヤル気を失う場合がある
習い事は結局身にならないばかりか親から習い事を強要されすぎたことより、様々なことに興味やヤル気を持てなくなることも考えられます。
人は誰しもおもしろいことや楽しいことは好きですが、自分が苦手、嫌いなことを強要されると余計にやりたくなくなるものです。

・親が子供に過度の期待をして子供のプレッシャーが大きくなりすぎる
子供によくなってほしいからと言って、子供がどう変化をしたか?すぐに結果や見返りばかりを求めすぎることもよくありません。
子供としては結果を求められることにより過度のプレッシャーになってしまえば、習い事が嫌になる可能性があります。

親が子供にどうなってほしいか?ということを子供に強要をしつづけると、子供自身の気持ちを無視することになり逆効果になることも考えられます。

早期教育を受けたからと言って必ずしも芽が出るわけではない

早期教育を受けたからと言って必ずしも良い結果が出るわけではない

また早期教育を受けたからと言って、必ず才能が発揮される、突出した活躍、能力が目立って高まるわけではありません。
才能を発揮することは、子供本人の好みと才能がピッタリとあてはまるなど複数の要因が重なった結果ですので、子供自身にどんな好みがあり将来どんな才能が発揮されるかはわかりません。
有名になった人や活躍をした人がなぜ活躍ができたのかが、早期教育を受けたからであるという明確な調査データがないためわからないのが現状です。
しかし、突出した活躍をしなくても、早期教育が本人に活かされている場合も多く見受けられます。
周りでもこんな方はいないでしょうか?
例えば

  • ・ピアノを習っていたので音感が良い
  • ・そろばんを習っていたので計算が得意
  • ・水泳を習っていたおかげで水泳の授業で苦労したことがない
  • ・習字を習っていたため字が綺麗

上記のように能力が高まることも大いに考えられるため早期教育が決して無駄になるわけではありません。

幼少期に得て成長するにつれ活かされる能力とは?

幼少期に得て成長するにつれ活かされる能力とは?

習い事によって様々な結果が得られることはわかりましたが、そもそも幼少期に得て成長するにあたって活かされる能力とはなんでしょうか?
人の能力の基礎となるのは、思考力、言語能力、運動能力、音感、色彩感覚などです。
これは特別な英才教育をするわけではなく、音感であればいろんな楽器の音を聞く、色彩感覚であれば様々な絵本や図鑑を見る、運動能力であれば公園で遊ばせる、思考力や言語能力は子供に話して考えさせるなど普段の生活を通してできることばかりです。
また幼少期には様々な知識の基礎となる原体験が大切と言われています。
具体的には触覚、味覚、嗅覚を使って火、土、水、木、動物、石などの自然を感じることです。
なぜ必要かと言うとテレビやyoutubeなどの映像だけでは、視覚と聴覚だけでしか感じられず五感で得たリアルな知識ではないからです。
例えば実際にキャンプファイヤーをして火の熱さを感じる、砂遊びをして土の匂いをかぐ、川の水に触れて冷たさを感じる、家で植物を育てることが子供の経験・知識になります。
習い事ばかりでなく、生活や遊びを通して子供に様々な経験をさせることにより想像力・感情表現が豊かな子供に育ちます。
そのうえで習い事などの様々な経験を通して子供自身が自分の好きなことや追求したいことを見つけることが、子供の才能を早く見つける方法でもあります。
そのために親の期待ばかりで子供に習い事をどんどんと強要するのではなく、子供自身がやりたいと思えるものを見つけるために子供自身に様々なことを体験させることがよいのではないでしょうか?

またその年齢毎にあった適切な教育がありますので、子供にとってまだ難しすぎることや楽しめていないようなことを親が子供に無理に押し付けることはやめましょう。
子供には一人一人得意なことや興味があることが必ずあります。
それを見つけて伸ばすことが大切であって、他の子供との成長度合いを比べて競争をさせてばかりでは、逆効果になる場合があることを覚えておきましょう。

早期教育といっても色々なものがありますが、例えばスイミングへ通わせることは水に慣れさせ恐怖心を取り体力をつけられることは、将来水泳選手にならなくてもその子のためになるでしょう。
ピアノを習うことで音感を鍛え、楽譜を見ながら演奏をすることで結果的に脳も鍛えます。
大人になってピアノを弾かずとも、習い事によって鍛えられたリズム感や音感は一生もののはずです。
早期教育は親も子供も無理をしすぎず楽しめるものを選ぶことをおすすめします。
   このエントリーをはてなブックマークに追加
Produced 名進研