受験合格を後押し!!受験勉強中の食べ物・飲み物


中部地方の教育・受験情報なら中部教育ラボ

受験合格を後押し!!受験勉強中の食べ物・飲み物

シリーズ私立中学講座

   このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分 です。

受験合格を後押し!!受験勉強中の食べ物・飲み物

受験に臨むお子さんがいるご家庭では、子どもをどのように応援していけばよいのか迷っている親御さんも多いのではないでしょうか。
ここでお子さんの一生の進む道が決まってしまうかもしれないということもあり、何か手をかけてあげたいと思うこともあるはずです。
そこで応援の一つとしてお子さんの食べ物に気を遣うということが挙げられます。
継続的に勉強をするには体調を整えることは大切ですから、そういった意味でも食事は重要なものとなってきます。
必要な栄養をきちんと摂ることができ、さらに頭の働きなどにも良いものを取り入れていきましょう。
三食の食事はもちろんですが、勉強の合間の休憩時間の飲み物やおやつなどにも気を遣ってあげたいものです。
どのようなものを取り入れていけばよいか、どのようなものを避けるべきかなどについてご紹介いたします。

冬は身体を温める働きがある食べ物がおすすめ

冬は身体を温める働きがある食べ物がおすすめ

受験の本格的なシーズンは冬にやってきます。
その時に体調を崩してしまうと、せっかくの努力が無駄になってはいけません。
冬に意識して取り入れたい食べ物が身体を温めるものです。
【体を温めるもの…発酵食品、暖色系、水分が少ない、地中で育つものなど】
納豆、玄米、キムチ
カボチャ、人参、玉ねぎ、レンコン、ゴボウ、生姜などの野菜

【体を冷やすもの…寒色系、水分が多い、地上で育つものなど】
ナス、きゅうり、スイカ、メロン、パイナップル、コーヒー、緑茶

上記にあげた体を温めるものを、料理に取り入れていくようにするとよいでしょう。
また、飲み物などもつい冷たいものを出してしまいがちになりますが、温かい飲み物にしたほうが胃腸を守り、全身を温めることになり、寒い時期も乗り切りやすくなります。
受験前だけではなく日ごろから体調管理に気を付けてあげたいものです。

ストレス、疲れ目対策の食べ物

ストレス、疲れ目対策の食べ物

受験勉強の間はストレスが溜まります。
それを和らげてあげることができるように、ストレス軽減につながる食べ物を用意していくとよいでしょう。
お子さんが喜ぶおやつなどはたまには良いのですが、食べ過ぎると急激な血糖値の上昇と下降があり逆にイライラすることに繋がるので注意が必要です。
おやつよりもフルーツなどの方がストレスの緩和に良いビタミンCと血糖値の上昇を抑える食物繊維も一緒にとれますので、りんごやみかん、オレンジ、キウイフルーツ、バナナなどのフルーツがオススメです。

また、勉強では目を酷使するので目に良い成分の含まれた食べ物もおすすめです。
ビタミンBが含まれているバナナをおやつに、食事には玄米、納豆、卵、豚ヒレ肉、焼海苔、ごまやロースハム、など。
目に良いと言われるブルーベリーを摂るために、サプリメントやブルーベリーを使ったお菓子などで取り入れてみるのもよいでしょう。

夜食で気を付けてあげたい食べ物や飲み物

沢山食べて力を付けてほしいという思いから、ついつい夜食やおやつを多めに出してしまうということもあるでしょう。
またお子さん自身がコンビニなどで食べ物を購入してくることもあるかもしれません。
しかし勉強時はそもそも満腹になりすぎるとエネルギーが胃腸に集中するため頭の働きも悪くなってしまいます。
かといって空腹が続くと勉強へのやる気がそがれます。
勉強時には空腹になりすぎず、満腹になりすぎないようにしましょう。
また、勉強中はそれほど身体を動かさないこともあり、カロリーの高い食事や糖分を多く含む飲み物などを摂っていると体重などにも影響が出てくることがあります。
受験中にはこうした点にも配慮してあげたいものです。

受験はこれからの進む道を決める重要な機会となります。
後悔をしないように、親としてできる支援をしてあげましょう。
そのためには摂取する食べ物が重要な一つのポイントとなります。
食べたものが身体を作るのですから、きちんと必要な栄養を摂っていくことが体調不良を防ぎ勉強のスペースを保ち、受験当日にも力を発揮することにつながりますから、応援の一つの形として日々の食事を見直すようにしてあげたいものです。

まずはバランスよく食べられるように注意してあげたいものです。
急いでいるとどうしても手軽に食べられるものばかりになってしまいがちですが、その状態が長く続くとバランスの崩れた食生活になりがちです。

ビタミンなどが足りなくなると風邪もひきやすくなり、受験当日にも影響が出かねません。
野菜などを積極的に取り入れた形で食事の準備を進めていくべきです。
また、飲み物も気を付けておきたいポイントです。
冷たい飲み物だけでは内臓を冷やしがちですから、温かい飲み物に替えるなどしてみましょう。
朝ごはんに温かいスープなどをプラスするのもおすすめです。
身体が温まると頭も身体も動きやすくなってきます。
ぜひこうした点に注意して受験を家族で乗り切りたいものです。

   このエントリーをはてなブックマークに追加