合格を後押し!!受験勉強中の食べ物・飲み物


中部地方の教育・受験情報なら中部教育ラボ

合格を後押し!!受験勉強中の食べ物・飲み物

   このエントリーをはてなブックマークに追加

受験合格を後押し!!受験勉強中の食べ物・飲み物

受験に臨む子供がいるご家庭では、子供にどんな応援をすればよいか迷っている方も多いのではないでしょうか。
子供の大事な進路が決まるので、何か少しでも応援できればと思うでしょう。

そこで今回は気軽に実践ができ、親にしかできない応援として子供の食べ物に工夫をすることを紹介します。
受験勉強をし受験本番の日までは、風邪などをひかないように日々体調を整えることが大切です。
そのうえで食事は大変重要なものとなってきます。
食事では子供に必要な栄養があるものを取り入れ、さらにストレス対策、疲れ目対策、集中力アップなどに良いものを食事に取り入れて応援をするのがよいでしょう。

三食の食事はもちろんですが、勉強の合間の休憩時間の飲み物やおやつなどにも気を遣ってあげたいものです。
今回は食事にどのようなものを取り入れていけばよいか、どのようなものを避けるべきかなどについてご紹介いたします。

冬は身体を温める食べ物を

冬は身体を温める働きがある食べ物がおすすめ

受験の本格的なシーズンは冬にやってきます。
受験の大切な時期に体調を崩したくありません。
そこで冬に意識して取り入れたい食べ物が【体を温めるもの】です。

【体を温めるものの特徴…発酵食品、野菜では暖色系、水分が少ない、地中で育つものなどがあげられます】
納豆、玄米、キムチ
カボチャ、人参、玉ねぎ、レンコン、ゴボウ、生姜などの野菜
飲み物:紅茶、ウーロン茶、ほうじ茶、ココア

【体を冷やすもの…寒色系、水分が多い、地上で育つものなど】
ナス、きゅうり、スイカ、メロン、パイナップル
飲み物:コーヒー、緑茶

上記にあげた体を温めるものを、料理に取り入れていくようにするとよいでしょう。
玄米ですと主食になるため取り入れやすいでしょう。
少し玄米に抵抗がある場合は、白米に半分混ぜるなど工夫をすれば食べやすくなります。
また納豆やキムチはご飯のお供に使いやすいと言えるでしょう。
料理で言えば、人参とれんこんとゴボウと鶏肉を入れた煮物や炒めものなどが簡単でオススメです。
また、飲み物では冷たいものを飲むクセがあるかもしれませんが、温かい飲み物にしたほうが胃腸を守り、全身を温めることになり、寒い時期も乗り切りやすくなります。
なかなかいつも意識をするとご飯を作る際に面倒に感じるので、ご飯や飲み物などを特に意識をすれば取り組みやすいでしょう。
日ごろから体調管理に気を付けてあげたいものです。

ストレス、疲れ目対策の食べ物

ストレス、疲れ目対策の食べ物

受験勉強の間はストレスが溜まります。
それを和らげてあげることができるように、ストレス軽減につながる食べ物を用意していくとよいでしょう。

子供が喜ぶおやつなどは頻繁でなければ良いのですが、おかしは糖分が高いものが多いため食べ過ぎると急激な血糖値の上昇と下降を招きストレスに繋がるので注意が必要です。
そこでおやつとして提案をするのがフルーツです。
おやつよりもフルーツなどの方がストレスの緩和に良いビタミンCと血糖値の上昇を抑える食物繊維も一緒にとれますので、りんごやみかん、オレンジ、キウイフルーツ、バナナなどのフルーツがオススメです。
小腹が空く時間のおやつに、子供の好きなフルーツが上記にあれば是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

また、勉強では目を酷使するので目に良いビタミンBが含まれた食べ物を紹介します。
ビタミンBが含まれているものはバナナ、玄米、納豆、卵、豚ヒレ肉、焼海苔、ごま、ロースハム、かつお、まぐろ、鮭などがあります。
身体を暖めるものとして玄米も紹介していたので、前述したようにご飯を玄米にするか、食べにくいようでしたら白米と玄米を混ぜてみるのもよいでしょう。
卵や納豆は毎日のご飯に取り入れやすいですよね?
例えば朝ごはんに納豆、卵焼き、焼き海苔、鮭の塩焼きなどの定番朝ごはん。
少しこった料理ですと、お昼ご飯や夜ご飯に豚ヒレ肉のごま焼き、ロースハムを使ったオムレツやサラダ、かつおやまぐろのお刺身をオススメします。

集中力アップに毎日の献立に取り入れたい食べ物

毎日の食事で注意して欲しいのは、必ず朝食をとるということです。
最近朝食を食べない子供が増えていますが、朝食をとらないと脳が十分に働かず授業に集中できなくなってしまいます。
1日の栄養素も不足するので朝ごはんをぬくのは絶対にやめましょう。
ご飯でもパンでもバナナでもシリアルでも、手がかけられない際も工夫をするのがよいでしょう。
記憶力・集中力アップを助ける食べ物に大豆があります。
納豆、豆腐、枝豆、おから、きな粉などの大豆に含まれる大豆レシチンが脳を活性化します。
ここでもまた納豆が出てきましたね。
納豆は3パック100円前後で購入ができ、ご飯があれば3食いつでも食べられるので取り入れやすいでしょう。
毎日の食事に一品いれたり、おやつにきな粉を使うなどの工夫をおすすめします。
他にも大脳皮質や海馬に多く存在するDHAを含む青魚(まぐろ、いわし、さば)を使った料理をおすすめします。

夜食で気を付けてあげたい食べ物や飲み物

夜ご飯のあと勉強中にお腹が減ることがあります。
もしかしたらそんな時は子供自身がコンビニなどでお菓子を購入して食べているかもしれません。

しかしそんな時に注意をしてほしいのがまず【満腹にしないこと】と【寝る3時間前の食事】です。

夜食を食べると以下のことが考えられます。
1.満腹になるとエネルギーが胃腸に集中するため頭の働きが悪くなります。
2.寝る3時間前に胃腸に食べ物がはいっていると睡眠の質が下がり翌日に疲れを持ち越します。
しかしだからといって空腹では勉強へのやる気がそがれるかもしれません。
そこで夜食を食べる際は小腹を満たしかつ消化の良いものを心がけるようにしましょう

消化がよいものとしては、雑炊、野菜スープ、うどん、そうめん、りんごなどが挙げられます。

勉強中はそれほど身体を動かさないこともあり、カロリーの高い食事や糖分を多く含む飲み物などを摂っていると体重などにも影響が出てくることがあります。
体重を気にする子供には受験中にはこうした点にも配慮してあげたいものです。

受験はこれからの進む道を決める重要な機会となります。
親だからできる応援をしてあげましょう。

そのためには摂取する食べ物が重要な一つのポイントとなります。
きちんと必要な栄養素を摂って体調不良を防ぐことが、受験当日にも力を発揮することにつながります。

まずは栄養バランスがよい食事を心がけていきたいものです。

また、飲み物も気を付けておきたいポイントです。
冷たい飲み物を飲んでばかりですと内臓・体を冷やしてしまうので、温かい飲み物に替えるなどしてみましょう。
コーヒー、お茶も身体を冷やすので、注意が必要です。
紅茶、ウーロン茶、ほうじ茶、ココアは身体を暖めてくれます。
朝ごはんに夜食に、温かいスープ、お味噌汁がおすすめです。
ぜひこうした点に注意して受験を家族で乗り切りたいものです。

   このエントリーをはてなブックマークに追加