愛知県の中学入試事情 女子が動いた【私立中受験動向】


中部地方の教育・受験情報なら中部教育ラボ

愛知県の中学入試事情 女子が動いた - 私立中シリーズ23 -

シリーズ私立中講座

愛知県私立中学女子志願者が増加

女子志願者 14校中11校が増加

2019年度の中学入試の特徴として、まず女子の活発な動きが注目される。表①は女子校と共学校の女子のみの志願者数のデータとなり、表②は同様に男子のみの一覧で、これらの表から次のことを読み取ることができる。

  • ・女子校は6校中5校、共学校の女子は8校中6校、計14校中11校が昨年より増加。
  • ・男子校は4校中1校、共学校の男子は8校中3校、計12校中4校が昨年より増加。
  • 男子と比較して女子の志願者増、及び併願増の入試となった。

【表① 女子校・共学校 女子のみの志願者】

    2018 2019 増減
女子校 愛知淑徳 970 1053 83
金城学院 812 820 8
椙山 519 527 8
聖霊 543 360 -183
名女大 197 527 330
南山女子 658 714 56
共学校
(女子のみ)
愛知 371 424 53
愛工大名電 87 124 37
星城 85 71 -14
大成 168 153 -15
692 722 30
中部大春日丘 163 187 24
名経大市邨 51 72 21
名経大高蔵 24 53 29
  合計 5340 5807 467

【表② 男子校・共学校 男子のみの志願者】

    2018 2019 増減
男子校 海陽 928 893 -35
東海 998 975 -23
名古屋 1395 1395 0
南山男子 648 748 100
共学校
(男子のみ)
愛知 976 954 -22
愛工大名電 624 707 83
星城 124 92 -32
大成 236 226 -10
1094 1020 -74
中部大春日丘 277 276 -1
名経大市邨 70 125 55
名経大高蔵 36 75 39
  合計 7406 7486 80

積極的な選択

中学入試では「女子校離れ、共学校志向の傾向」があると言われたが、今年はその逆の流れとなり、さらに共学校の女子志願者が過去5年間で最高値になった学校も何校かある入試になった。女子校、共学校にこだわらずに、何としても私立中へ進学したいという女子の私立中志向の高まった入試となり、特に愛知中、愛知工業大名電中、滝中、中部大春日丘中の増加ぶりが下記の表③④からも読み取ることができる。

【表③ 女子のみ 志願者数の推移】

  愛知 愛工大名電 中部大春日丘
2015 77 648 140
2016 380 81 683 148
2017 394 80 693 145
2018 371 87 692 163
2019 424 124 722 187

【表④ 男子のみ 志願者数の推移】

  愛知 愛工大名電 中部大春日丘
2015 660 981 261
2016 845 551 930 259
2017 906 680 1058 253
2018 976 624 1094 277
2019 954 707 1020 276

将来を見据えた選択

大学受験などの将来を見据えた選択

 ではなぜ女子がこのような増加傾向になったのだろう。
大学入試改革、私立大の定員厳格化、医学部入試での女子差別など、大学入試に関する内容がマスコミでも頻繁に報道され、6年後の大学進学を考える機会が増えたことが考えられる。
また、学校説明会でもその内容の説明会が大半の学校で強調されたことも要因として考えられる。

①難関大学、学部への進学希望

 難関大学合格者の実績ランキングでいつも名を連ね、特に医学部医学科などの難関学部にも多数の合格者を出し、学校説明会でも大学入試改革に向けた学校の取り組みが説明されている南山中女子部、滝中への人気が高まった。さらに愛知淑徳中、愛知、中部大春日丘にもその人気が広がった。

②難関大学と系列大学

 愛知工業大学名電中は6年後の大学進学の際は系列大学の愛知工業大学への進学が保証されており、一方、昨年名古屋大に4名、今年も4名の合格者を出して、難関大学合格者も出ている。難関大学にも合格者もだし、さらに系列大学への進学も保証されている学校として男子だけでなく女子の人気も高まる。

③理系学部がある系列大学

 椙山女学園大と名古屋女子大の看護学部、金城学院の薬学部、愛知学院の薬学部と歯学部に推薦で進学ができる。今年度、椙山女学園中は入学者が募集定員を大きく超えたため1クラス増設、金城学院中の入学者は募集定員を10名超過。看護学部だけでなく管理栄養士の合格率が高い名古屋女子大中の入学者はこの3年間で40名→66名→82名と増加し、一昨年と比較して倍増している。

④私立中の積極的な情報発信

 女子校が学校の先生だけでなく生徒も参加する説明会、様々な体験プログラムなど、女子校の教育内容が広く伝わるようになった。また、共学校でも女子生徒の活躍がアピールされ、共学校での女子の活動がより身近に感じられるような説明会になっていた。

今後の動き

今後の愛知県の私立中学予想

 では来年度以降、どのような状況が予想されるだろうか。今年、大学入試改革、私立大の定員厳格化の流れを受けて、全国的に大学附属の私立中の人気が高くなっている。さらに今後、大学入試の新テストが間近に迫ることから、それに関連した報道も一層増えてくれば、当然、我が子の将来の大学進学を考える保護者が増えてくる。
その結果、今年度の大学進学を見据えた傾向は来年度以降も続くと予想され、難関大学への合格者を出している、系列大学の評価が高い、理系学部がある学校などの評価はいっそう高まることが予想される。
 今後、学校説明会で大学入試改革に向かう学校の姿勢、具体的な対策の説明内容が、来年度以降の志願者数を左右する可能性が高い。その点をしっかりと踏まえて学校説明会に臨む必要がある。

   このエントリーをはてなブックマークに追加