塾に通う子どもの塾前ご飯、塾後ご飯は何がいい?オススメと注意点を紹介


中部地方の教育・受験情報なら中部教育ラボ

塾に通う子どもの塾前ご飯、塾後ご飯は何がいい?オススメと注意点を紹介

   このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分 です。

塾前ご飯、塾後ご飯

今回は、塾に通っている子どものご飯について、主に平日に塾の前にご飯を食べる「塾前ご飯」と、塾が終わった後に食べる「塾後ご飯」について紹介致します。

塾に行く際は、どういった時間にどれだけ食べるのが、適切かについても紹介いたします。
受験前は特に忙しく、まとまった食事の時間をとれず3.5~4回の食事になることもあるでしょう。
今回は、塾の前に食べるご飯、塾の後に食べるご飯はどのようなものがよいのか、注意点も合わせて紹介いたします。

塾前のご飯 オススメと注意点

塾前ご飯、塾後ご飯

塾の前に食べるご飯としては、「準備が簡単」、「食べるのに手間がかからないこと」を考える必要があります。
これは、子どもが学校から帰ってくるのは、14時15時あたりが多いですが、共働きの家庭ではコアタイムの方も多いため、子どものご飯を作るのは難しいかもしれないからです。
そのため、事前につくりおきなどで作っておくか、簡単な食事を買っておくか、子どもに買ってもらうという選択肢になるのが多いのではないでしょうか?
そこで、簡単で手間が少なくお腹を満たせるおにぎり、おにぎらず、パン、サンドウィッチなどがオススメです。
塾前に部活をしている場合や、塾が終わる時間が遅いのであれば、塾前に食べるものは、ある程度腹持ちが良いものが良いでしょう。
また、これらの料理は、・中に入れる具が工夫できる ・持ち運べるという利点があります。
そのため、毎日おにぎらずでも、具さえ変えればバリエーションを変えることができ、飽きにくいでしょう。

ただし、塾の前に食事をする場合は、眠くならないように下記のことに注意をしましょう。

1.お腹がいっぱいになるとエネルギーが胃の消化に集中するため、眠くなったり集中力が低下するので、食べすぎないように注意が必要
2.血糖値が上がると眠くなるので、血糖値の上昇を緩やかにすることを考える

白米やパンを食べると、血糖値が上がり眠くなりやすいため、そこで工夫をするのも一つの手段です。
例えば、白米よりも玄米や雑穀米、パンであれば食パンではなく、ライ麦パンや全粒粉のパンを摂取すると、血糖値の上昇をゆるやかにすることができます。
※甘いお菓子は、砂糖がたくさん入っているので血糖値も急激に上がるため注意が必要です
また雑穀米や玄米は、白米では不足しがちな食物繊維、カルシウム、マグネシウムや鉄分も摂ることができるという利点もあります。
他にも一緒に食べるものに、野菜があれば野菜から食べるようにすることも、血糖値の上昇を抑える手段の一つです。
せっかく塾に行ったのに、眠気がいっぱいでは勉強に差し支えてしまうので、こういった工夫をするのもよいでしょう。

塾後のご飯 オススメと注意点

塾が終わった後に食べるご飯

夜遅くに授業が終わり、それからご飯を食べる塾後のご飯で注意をしたいことが、胃にかかる負担と睡眠までの時間です。
就寝時間直前に食事をすると、胃が活動した状態で眠る事になるため、睡眠の質が下がることが懸念されます。

睡眠の質が低下すれば、疲れ、眠気が残りやすく、日中の集中力低下にも繋がります。
そのためできれば就寝時間の2~3時間前までに、ご飯を食べるように心がけたいものです。
また、塾後に食べるものにも注意が必要で、胃の負担が大きい【揚げ物、カレー、肉類、ラーメン、焼き肉】などのものは量を減らす、食べないようにするなど、調節をすることが望ましいです。
また夜遅くに食べる食事は、太る原因にも繋がります。
特に炭水化物はエネルギーとして消化されなければ、脂肪に変わりやすいため、炭水化物であるごはんや麺類の量を調節してあげるとよいでしょう。
塾が終わってからのご飯でオススメをするのが、栄養を考え野菜、豆腐などが入った鍋やうどん、スープなどです。
鍋やうどん、スープであれば、消化もしやすい点もよいでしょう。

子どもは、なかなか食事にまで気を配れません。
この時期に体調不良とならないために、塾の前や塾の後に食べるごはんの、栄養にも気を配りたいものですよね。
そこで記事で紹介したように、ご飯やパンの種類自体を変えるのもお手軽な工夫になります。
雑穀米は、白米を炊く際に雑穀を入れるだけのタイプもありますし、玄米は、スーパーなどで普通の炊飯器で炊けるタイプも販売されています。
雑穀米や玄米は、血糖値の上昇を緩やかにするため、眠気の予防にもなりますし、栄養面でも通常の白米よりカルシウム、鉄分などを摂取することができます。
また、塾後のご飯は、睡眠の質を下げないために、胃に優しく栄養を摂れるものを心がけると良いでしょう。
子どもは、自分ではご飯の量の調節が難しいため、親が量を調節してあげましょう。
今回の記事が塾に通っている、子どものご飯のヒントになれば幸いです。

   このエントリーをはてなブックマークに追加