成績は食事と睡眠で差がつく!しっかりとした食べ物と睡眠時間を摂るために


中部地方の教育・受験情報なら中部教育ラボ

成績は食事と睡眠で差がつく!しっかりとした食べ物と睡眠時間を摂るために

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分 です。

受験生必見!食べ物と睡眠をしっかりとって勉強の準備は万端に

食事と睡眠で成績に影響が出ることは知っていますか?

例えば、睡眠時間が足りない場合は、2~3倍もミスが増えるばかりか、イライラし精神の不調をおこし、勉強のペースを乱れさせます。
せっかく頑張って勉強をしたのに、テストの時に睡眠不足では成績に悪影響を与えかねません。

他にも朝ごはんを毎日食べない子どもは、朝ごはんを毎日食べる子どもに比べ、成績が良くないということも調査からわかっています。
このように食事や睡眠は、勉強に影響を与えます。
勉強で良いパフォーマンスを発揮するために、今回は最適な食べ物、飲み物や睡眠方法について紹介をします。

受験生にオススメの食べ物、飲み物、お菓子を紹介します

食べ物(お菓子)や飲み物には、集中力や記憶力を高めたり、免疫力を高めてくれたりするものがあります。

・勉強時に食べるお菓子はなに?【東大生が愛用するお菓子】を紹介

勉強時に食べるお菓子はなに?【東大生が愛用するお菓子】や【集中力を高めるお菓子】を紹介

勉強中に小腹がすいた時に、お菓子を食べたいけど何が良いかな?と思ったら、ぜひこの記事を読んでみてはいかがでしょうか?
勉強を続けると、脳ではブドウ糖が使われ続けるため、ブドウ糖が減っていきます。
ブドウ糖が不足すると、頭が働かないという状態になりますので、ブドウ糖を摂る必要があります。

そこで、ブドウ糖をたくさん摂れるお菓子を調べたところ、『東大新聞』に書かれた「東大生が愛用するブドウ糖90%のお菓子」を見つけましたので、記事にて紹介をしています。

詳しくは記事でご確認ください。

・暗記力、記憶力を高める食べ物、飲み物を紹介

暗記力、記憶力を高める食べ物、飲み物とは

暗記力、記憶力を高めたい人にオススメなのが、こちらの記事です。

例えば、カフェインを摂取することで、記憶力を高めることができることがわかっていますし、高カカオチョコレート(カカオ70%以上)は記憶力、認知能力を高めます。
また、ガムは下がった集中力を高めるためには効果を発揮することが実験からわかっています。

ちなみに、世間でよく言われている記憶力を高めると言われている大豆やDHA、EPAが含まれている青魚は、記憶力を上げるというデータはありませんでしたが、不足をすると記憶力が下がりますので日頃から摂取したいものですね。

・勉強の集中力がアップする飲み物と、注意が必要な飲み物

紅茶 緑茶

勉強中に、ある飲み物を飲むと、勉強に良い効果があることをご存知でしょうか?
勉強に疲れた時に飲みたいものが、リラックス効果のある紅茶、緑茶で水の1.2倍もリラックス効果があります。
集中力や覚醒度を上げるのが強炭酸水です。
スカーッとしたという気持ちは、実験でちゃんとした数字として結果が出ていました。
そして、反応速度、記憶力があがり、文章の検証力がアップさせるのがコーヒー、紅茶、緑茶などのカフェインが含まれた飲み物です。

ただし、紅茶、緑茶、コーヒーはカフェインが入っているので、一日の摂取量に注意をして飲むようにしましょう。

詳しくは記事にてご確認ください。

・朝ごはんは、子どもの成績と成長に影響する!?オススメの朝ごはんを紹介

朝ごはんは、子どもの成績と成長に影響する!?オススメの朝ごはんを紹介

毎日朝ごはんを食べる子どもと、朝ごはんを食べない子どもとでは、16点近く成績に差がでることはご存知でしょうか?

文部科学省の調査では、朝ごはんを摂らないと成績や体力に悪影響を及ぼすことがわかっています。

大事な成長期に、発育や成績のためにも朝ごはんを摂りたいものですね。

朝ごはんといって、何も栄養満点の食べ物を食べないといけないわけではありません。
最低限必要なのは、ご飯やパンなどの炭水化物です。
その理由とオススメの朝ごはんを紹介しています。

記事にて是非ご確認ください。

・塾に通う子どもの塾前ご飯、塾後ご飯は何がいい?オススメと注意点を紹介

塾前ご飯、塾後ご飯

お腹がすくと集中力も低下しますので、塾に通う子どもは家を出る前にしっかりとご飯を摂りたいものですね。

こちらのページでは、家でも簡単に用意できる食べ物や、手軽に用意ができる食品も紹介しています。

忙しくて用意をする時間がないという方にも、スーパーやコンビニで手に入りやすい食べ物を紹介しています。

しっかりとご飯を摂って、塾に備えましょう!

・免疫力を高める食べ物を紹介 予防効果のある食べ物とは?

免疫力を高める食べ物とは

受験シーズンに気をつけたいのが、風邪などの病気です。

この記事では、免疫力を高める食事について紹介をしています。
厚生労働省の資料より、免疫力を高めるには、腸内環境を整えるのが良いとのことですので、腸内環境を整える食べ物について紹介をしています。
腸内環境を整えるのは、善玉菌を摂取できる食べ物と、善玉菌を増やす食べ物です。

ぜひ記事にてご確認ください。

・受験(試験)前日・当日のオススメご飯・食事

受験(試験)前日・当日のオススメご飯・食事

受験前日、当日のご飯は何が良いのか?オススメのご飯を紹介しています。

よく聞くゲン担ぎで「受験に勝つにかけて、かつ丼・とんかつを食べる!」などがありますが、これらのご飯がはたして受験前日、当日のご飯に良いのかどうかについて検証をしています。

受験シーズンは冬であることが多いため、体を温める食べ物、そして胃の負担を軽くするための消化のしやすい食べ物を中心に紹介をしています。

受験日が近づいてきたら、こちらの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?

受験生は睡眠時間が大切、普段からぐっすり寝て良い状態をキープしましょう。

頑張って夜遅くまで勉強をする人もいるかもしれませんが、寝不足には注意をして勉強をしましょう。
なぜなら、寝不足は記憶力や判断力も低下し、病気にかかりやすくなり、イライラするなどの精神の不調も引き起こすからです。

・子供の睡眠不足による影響は大きい!2~3倍ミスが増え成績の低下、イライラも…

子供の睡眠不足による影響は大きい!2~3倍間違いが増え成績の低下、イライラも…

受験生で、日中に眠たい、眠気を強く感じる人は注意が必要です。
もしかしたら、それは睡眠不足のサインかもしれないからです。

睡眠不足は、2~3倍も間違いが増える、免疫力が下がり2.94倍も風邪を引きやすくなるなど勉強には大敵だからです。
他にも毎日の就寝時間や起床時間がバラバラだと成績が下がる傾向にあるので、寝る時間起きる時間は規則正しくすることが望ましいといえるでしょう。

詳しくは記事にてご確認ください。

・受験生の大敵は睡眠不足!何時間寝ればいい?寝る前の習慣から変えよう

成績アップ・受験合格(受験勉強)は睡眠で差がつく

前述したように睡眠不足は多くの悪影響があるため充分に睡眠時間をとりたいですね。

受験生の皆さんが必要な睡眠時間をご存知ですか?

アメリカ国立睡眠財団によると、必要な睡眠時間の目安は
学童期(6~12歳) 10~11時間
ティーンエイジャー (11~17歳) 8.5~9.25時間
にもなります。

この睡眠時間をとるために必要なことや、深い睡眠をとるための寝る前の習慣を変える方法などを記事で紹介しています。

   このエントリーをはてなブックマークに追加
Produced 名進研